消費者金融でお金を借りようとすると、必然的に在籍確認が必要になります。

無担保ローンなので申込者の給与収入だけが返済原資であり、その給料をきちんと受け取っていることを確認しなければいけないのです。

その方法として、一番確実な方法は職場に電話をして本人と話をすることです。

職場に電話をして本人がいれば、仕事をしていることは確実であり、安心してお金を貸すことができます。

しかし、在籍確認の電話を受けるほうは大変です。

上司などにプロミスからの在籍確認の電話を受けているとバレると「お金に困っている危ない人」と判断されることがあります。社内不正の中には、消費者金融の返済ができず、会社のお金を使いこむことが実際にあるためです。

つまり「不正予備軍」として判断されてしまいかねません。

これは誤解もいいところですが、そのような判断で社内の評価が下がってはたまりません。

大手消費者金融のプロミスでは、このような問題が生じないように在籍確認の電話を省略する申込方法を準備しています。申し込みの意に在籍確認を省略してほしい旨を記載したり、申込確認の電話があったりした際にお願いすればいい話です。

この際、プロミスとしては在籍確認の電話に代わる方法で在籍確認をする必要があります。

通常は、健康保険証の提示や過去何か月分かの給与明細の提示が求められます。

給与明細の提示をする際、勤務先の名称が記載されていないと、どの会社の分かわからないので注意が必要です。これは、給与明細の偽造を警戒しているのです。

これらの書類を準備すれば、プロミスの在籍確認を職場の電話ではなく、書面確認に変更することができます。

ただし、プロミスの規定はたまに変わります。事前に電話をして、どのような書類が必要か確認することが大切です。