カードローン低金利の比較!無利息期間ありの金融はどこ?

消費者金融でお金を借りようとする場合、どうしても金利の高さが気になります。

しかし、この金利の高さを緩和する手段として無利息期間があります。

大手消費者金融でもプロミスやアコムでは、新規申し込み後1回だけ30日間の無利息期間を設けています。ただし、一生のうち1回だけなので、一度解約後に再契約しても無利息期間の適用はありません。

1か月間だけじゃないかと言われるかもしれませんが、計画的に申込をするとずいぶんと効果があります。

ちょっと危ない橋を渡る部分があるので、実行の際は自己責任でしていただきたいのですが、クレジットカードの支払日に申込をして、即日融資を受ければ事実上支払を1か月更に繰り延べることができます。

もっとも、審査に通らなかったり、申込時間の関係で即日融資が実現できなかったりすると口座残高不足となり、ややこしいことになってしまうので注意が必要です。

消費者金融の金利を引き下げる手段としては、契約の際にできるだけ融資限度額を上げてもらうことが必要です。プロミスもアコムも最高金利は年利18%程度ですが、融資限度額が100万以上になると、貸金業法の関係で金利は最高でも15%に落ちます。

信用があれば融資限度額はさらに上がり、かつ金利も下がるのですが、信用は日頃のクレジットカードなどの利用状況や年収などに左右されるため自分だけではどうしようもありません。

しかし、大手消費者金融などの無利息期間を上手に使うことで、実行利率を下げることができます。

消費者金融のカードローンを借り、次第に返済すると元本が減るので、毎月の利息支払額はだんだんと下がります。つまり、一番支払利息が多いのは最初の月なのですが、無利息期間を使えば、その一番高い期間が無利息になるため効果は大きいのです。