プロミスから勤務先にかかってくる在籍確認電話の対応方法

消費者金融で申込をする際、在籍確認の電話があると考えるとちょっと憂鬱になります。
しかし、プロミスでは、本当に必要でない限り在籍確認の電話を省略する傾向にあります。
それでもプロミスの判断で、在籍確認の電話をする場合はあります。
この際、プロミスとしては在籍確認の電話が嫌がられていることは承知しており、実際に問題も生じていることから慎重に在籍確認の電話はされます。
とはいえ、一番いい方法は周囲に誰もいないような時間帯に在籍確認の電話があることでしょう。
プロミスの審査時間は最短30分と言われています。
言い方を変えれば、スマホから申込内容を送信してから30分以内に在籍確認の電話があるかもしれないと言えるのです。
このことは、プロミスの在籍確認の電話がかかってくる時間帯をある程度予想できることを意味しています。
朝や夕方は社内に人が多ければ、10時くらいに申込内容を送信することで、社内に人が少ないであろう時間帯に在籍確認の電話を待ち伏せすることができます。
また、営業担当の方であれば、わざと不在にしてしまうのも一つの方法です。
プロミスが在籍確認をするのは、その人が職場にいることを確認するためです。
そのため、不在であっても「不在です」と言ってくれればそれでいいのです。
極論ですが、プロミスの無人機で申込をして、職場に在籍確認の電話をしてもらえばいいのです。社内に残っている人が、その人は出張中でいないと回答してくれればいいのです。
下手に在籍確認の電話に出てしまい、生年月日や住所などの本人確認をしていることがバレてしまうと在籍確認だから消費者金融かと疑われることになりますが、そのような事態を防止することができます。