プロミスの在籍確認、電話がくるのは派遣元?派遣先?

派遣の仕事をしている人が消費者金融の審査を受けると、属性によって審査では不利な扱いをされがちです。
これは、収入の確実性がないためであり、収入が結構多いはずの人が審査で落とされたということもあります。
また、プロミスのような大手消費者金融では、最近在籍確認の電話を省略する傾向にありますがね派遣の仕事をしている人は、転職が激しいため、実際に申込書に書かれた勤務先に勤めているかどうか不明確であるという事情もあります。
そのため職場に対する在籍確認の電話手続は必須となることが多くなります。
しかし、派遣社員は二つの立場を持ちます。
一つは派遣会社の従業員としての立場であり、もう一つは派遣先の会社の作業員としての立場です。
派遣社員の方は、このように二つの立場がありますが、在籍確認の電話は派遣元、つまり派遣会社の側で受けることになります。なぜなら、その人に給料を支払っているのは派遣会社だからです。
しかし、派遣社員の方は派遣会社の事務所にいません。中には採用の際に一度来ただけという人もいるでしょう。
そのような人であっても、給料をもらっているのは派遣会社からですから、派遣会社へ在籍確認をするのです。
もっとも、派遣会社も慣れており、消費者金などからの照会に対して社員であればその旨を回答していることが多いです。なぜならそれを断っていると、従業員が退職してしまう可能性があるためです。
ただし、大企業の関連会社の場合は、個人情報保護法の関係で回答できないというケースがあります。その際には派遣先の会社に一度電話をして、派遣会社に回答をしてもらうように依頼することになるようです。
派遣会社に勤めている人の在籍確認の電話は結構面倒なのです。