在籍確認なしでキャッシングできるとこってないの?

消費者金融が在籍確認をする理由は、無担保融資であるためです。

担保を取らないので、返済原資は契約者の給与収入しかないでしょう。

そのため、本当に申込書に記載してある会社で働いているかどうかの確認をしなければ貸付はできません。

一番確実な確認方法は、職場に電話をして本人確認をする方法であり、多くの金融機関はこの方法で在籍確認をしています。

しかし、職場への在籍確認の電話は同僚や上司とのトラブルの可能性にもなりかねません。

消費者金融からの在籍確認の電話連絡は、消費者金融名でかかってくるのではなく、担当者の個人名で電話しますと言いますが、普段電話がかからない人に対して電話があれば怪しまれるのは当然でしょう。また、事情を知っていれば仕事の電話か在籍確認の電話かの区別はすぐにつくものです。

結局在籍確認の電話はバレる事も少なくありません。

在籍確認の電話が消費者金融からあったと上司や人事にわかってしまうと面倒なことになります。

別室に呼び出されて「お金に困ってるのか」と詰問されることもあれば、仕事の部署を変えられることもあります。お金を扱う仕事は危なくて任せられないと言われるのです。

最悪のケースとしては、リストラの対象に真っ先に候補に上がってしまう事もあります。

また、最近は私用電話を職員に一切取り次がないという企業も増加しています。

セキュリティ上の理由であることが多いのですが、在籍確認の電話自体が成立しません。

そんな事情から、大手消費者金融の中には在籍確認の電話を省略するケースがあります。

大手消費者金融のプロミスの場合、申し込み完了後すぐに担当者に相談する事で、在籍確認の電話に関して考慮してくれます。あえて会社に電話をしなくても勤務していると確認できる代替案を提示してくれるわけです。

プロミスは、カードローン自体の商品自体も利便性が高く評判がいいです。

在籍確認の電話を何とかしたいという人にはプロミスがオススメです。