なぜ在籍確認の電話が必要なのでしょうか。

職場にかかってくる在籍確認審査の電話。

ほとんどの大手消費者金融会社で行われている在籍確認の電話審査ですがそもそもなぜ必要なのでしょうか。

在籍確認電話の目的は、まず申し込み者が申告した勤務先に今現在勤めているかどうかを確かめる必要があります。

申し込みの際に記載された勤務先の情報として、勤務先名、所在地、電話番号、そして勤続年数や年収など。

職場に直接電話をかけることにより在籍しているかどうかの確認をするわけです。

やはり勤務先に直接電話することがなにより手っ取り早く在籍の確認ができるのでほとんどが電話による審査になっています。

在籍確認が大切な理由は他にもあります。

申し込み者が時には無職であるにも関わらず申し込みをしている場合などがあるからです。

例えば、ずっと無職の方もいるかもしれませんし、または数ヶ月前に退職になって現在無職となっている方も前勤務先の収入証明書や、保険証もしくは社員証でなんとか借金ができないかと画策してくる方もいらっしゃるでしょう。

しかし消費者金融側としてはお金を貸した後にトラブルやお金が回収できなかったら一大事です。

契約内容に関しても間違えがあった場合はたいへんなので電話で確認をします。

しかしどうしても職場に在籍確認の電話は困る。

そんな方も多いのは事実です。

そういった場合は在籍確認の電話以外の方法がありますが、これは担当者に相談する事でなんらかの代替方法を用意してくれます。

それにより電話以外の方法で在籍確認とみなしてくれる場合があります。

なお、それ以外の審査内容によっては、電話確認を回避することはできないと判断されることもあります。